【ドラムプチ講座 Vol.1】ドラムってなーに?

 こんにちは。

 名古屋にある子供向けの音楽教室、徳川ミュージックアカデミー ドラム講師の伊藤明生です。

 

 早いもので、今年ももう1ヶ月がたちましたね。。さて今回は、

ドラムの楽器について

  まず、「ドラムってなーに?」という方のために簡単に楽器の説明をします。 

 

 ドラムは日本語で’’太鼓’’という意味なのですが、一般的に、みなさんがイメージしているドラムと呼ばれているものは、正式にはドラムセットと呼びます。

 なので、ひとつひとつの単体の太鼓が組み合わさって、あの一般的に見かけるドラムセットになっているんです。

 ちなみに英語では、《Drum》ではなく、複数形の《Drums》と呼びます(^_^)

「He is playing drums...」といった感じに♪


 もともとはマーチングバンドで使用されていた、大太鼓、小太鼓やシンバルを、一人で演奏できるために考案されたのが始まりで、ドラムセット自体の歴史はまだ100年ちょっとと、比較的浅いようです。

 これは意外と思う方も多いかと思うのですが、ドラムセットには、とくに決まった形はなく、太鼓の数も、またシンバルの枚数にも決まりはありません。

 そしてそれぞれの太鼓のサイズにも決まりはありません。こんな楽器珍しいですよね(^_^)

 

 ピアノは鍵盤の数が大体決まっていますし、ギターなんかも6本の弦がほとんどです。その理由は、そもそもドラムには、ドレミファソラシドといった音程がないので、太鼓の個数やサイズの制限がないのです。

 だからドラマー各々の好みで自由にセッティングできてしまうのです!なんてクリエイティブな楽器なんでしょう。笑

 

 ただやっぱり、何事にも基本があるわけで、ドラムセットにももちろんあります。そして前述したように、もともとは単体で演奏されていた楽器の複合体なので、ドラムセットの太鼓やシンバルには、ひとつひとつに重要な働きがあります。

 

 まずドラムセットに欠かせない、3つを説明しましょう。

1.スネアドラム

 ドラムの中心となる楽器で、高くて張りのある音がします。

 太鼓類の中では一番使用頻度が高く、マーチングでは小太鼓にあたります。

2.バスドラム

 ドラムセットの中で最も低音が出る楽器です。

 リズムを奏でるうえで欠かせない楽器で、これは足でペダルを踏みながら音を出す楽器です。

3.ハイハット(シンバル)

 シンバルの一種で、2枚のシンバルを重ねて1セットとして使うのが特徴です。

 ハイハットは主にリズムを刻むシンバルとして多く使用されます。他にもタムと呼ばれる太鼓や、シンバルが数多くありますが、


 まずはこの3点がドラムセットを演奏するうえで重要な楽器となります。 

ドラムセット 音楽教室

 徳川ミュージックアカデミーの教室で使用しているドラムセットの一つを紹介します。


 これはヤマハさんのメイプルカスタムというシリーズのドラムセットで、音質も暖かく丸みのあるアコースティックなサウンドがしますよ〜♪

 メイプルカスタムシリーズは生産完了したので、現在では新品は出回っていないですが、これまでのヤマハのシリーズでは最もハイスペックなシリーズだったのです。


 さあみなさんは、先程説明した3つが写真のどれにあたるか分かるでしょうか?


 正解はこちら!!


  1. 中央の奥にある、打面の上に木の棒(スティックと呼びます)が置いてあるタイコ。
  2. 写真のYAMAHAのロゴが入っている、大きいタイコ。
  3. 右奥にある、一番小さいシンバル


 これは比較的コンパクトで、ジャズなどの生演奏に向いたセットとなります。そして私が長年愛用しているドラムセットです(^o^)


 ジャズのセットはサイズがコンパクトなため、子供が叩くのにもちょうど良い大きさになっているんです、しかも音質も保証付き!!

 教室には他にもいろいろなドラムセットがありますので、試しに叩きにきてみて下さい♪