サマーワークショップ2015を終えました!

 こんにちは。

 名古屋にある子供向けの音楽教室、徳川ミュージックアカデミーの伊藤明生です。

 

 先日、サマーワークショップ2015を終えました!昨年を上回る数の子供達に参加していただき、とても充実した15日間を過ごすことができました。

 

 3日間という短い期間で、初めて触れる楽器を演奏するのは簡単ではありませんが、みんなとても頑張って練習したおかげで、曲を演奏できるまでに上達できました!皆さんにとって夏休みの楽しかった思い出として残ったら、大変嬉しく思います♪

 

 さて、ブログを通して、今回の振り返りをしたいと思います。

 

 今年は、新しい試みとして、今現在通常のレッスンではやっていない、バイオリンとフルートのワークショップを開催してみました。

 

 なぜこの2つの楽器をやってみたかといいますと、これらはポピュラーな楽器ではありますが、子供の習い事としては、一般的に少し敷居が高いイメージがあるからです。

 

 こう言うと、反感をかってしまいそうですが、クラシック音楽の楽器は、お金がかかったり、先生と生徒間の規則が厳しかったりと、今でも、ノーブルなお稽古事のイメージが伴ってしまいます。

 実際はどんどん変わってきているはずなのですが...。

 

 でも本当は、"楽器を学ぶ"という本質だけで考えると、そういった副次的な要素は関係ないはずです。とくに子供達にとっては。

 

 だからまずは、そういったイメージを壊していきたいなと思っていて、今回をその一歩にしたいというのが、きっかけでした。

 

 以下、バイオリンとフルートのワークショップの様子です♪

ドラム、ギター、ボーカルの様子はこちら

バイオリンレッスンの様子

フルートレッスンの様子


 私たちが、楽器のワークショップをやる目的は、2つあります。


 まずは、子供たちに、"楽器をもっと身近に感じてもらい、楽器を気軽に触れるものにしたい"ということ。


 2つめは、現在、音楽の学校に通っている学生達に、"楽器を教える側の経験を積んでもらい、自分自身の音楽家としてのスキルアップにつなげてほしい"ということ。


 そのきっかけ作りの場として、ワークショップを開催しました。


 準備など含め、いろいろな労力を考えると、正直...少々大変ではありますが...。笑

 ですが、その結果、子供達が楽器を楽しんでくれているなら、やってよかったと毎回本当に思います♪


 こういったことは、改善を重ねながら継続していくことに意味があると思いますので、来年以降も頑張って参ります^ ^


 サマーワークショップに参加してくださった方々、インターン生として講師をやったくれた学生の皆さん、本当にありがとうございました!